お手軽にはじめられる不動産投資信託

ちょっと資金と時間が足りない方にオススメ

アベノミクス政策の大胆な金融緩和によって眠っていた投機資金が各種の金融商品市場にじゃぶじゃぶと溢れだしています。
不動産市場もその例外ではなく、100年に一度の金融危機と言われたリーマンショック以前の水準にまで戻して来ています。
しかし、儲かっているのは株を持っていた機関投資家だけで、個人にとっては、年金は当てにならないし、物価は上がっても給料は上がらない、定期預金をしても雀の涙ほどしか利子がつかない状況は変わりません。
給料が少なくても物価が安定していたデフレ時代の方が良かったと思うくらいです。
政府のインフレ誘導で貯金をしていても目減りするだけですから、手持ち資金をリスクに曝してでも少しでも増やすために、不動産投資の本を読んでみたいというサラリーマンが増えて来ています。

仕事を持っているサラリーマンは不動産投資に費やすことができる時間が限られているため、不動産売買の物件を調査したり、高値で買い取ってくれる売り手を探したり、アパートを建てて入居者を募集し家賃を徴収したりというような、王道的な投資は難しいです。
不動産コンサルタントに難しいことを丸投げして全部をやってもらうということもできますが、不動産コンサルタントに支払う手数料は高額な物になりますし、そもそも大切な資金を丸投げできるような信頼できる不動産コンサルタントを見つけること自体が困難なことです。
ですからサラリーマンが不動産投資をするのに当たって最初に読むべき本はREITという不動産投資信託の解説本になります。

おすすめは投資信託全般を説明したものとREITに絞って説明しているものとを2冊買ってきて読むことです。
REITとは、運営母体が投資家から資金を集めて不動産を購入し、より高い値段で転売するか、または建物の家賃やテナント料から得た利益を配当の形で投資家に還元するという性格のものです。
REITは専門的知識を持たないサラリーマンが少ない資金で投資ができ、市場から目を離していても定期的に配当が来るという魅力的でおすすめな投資方法です。

リスクとしては専門家を揃えているはずの運営母体をもってしても、思うように高値で転売ができなかったり、家賃やテナント料を徴収することができないことがあり、見込んでいたパフォーマンスを上げられなかったり、元本割れをしたりすることもあるということです。

また、専門家が運用しているため手数料も比較的高く、中途解約をしたい時も別途脱退料がかかるなど、現金に換えたい時の流動性に欠けることです。
しかし、サラリーマンが不動産投資を始めるにはお手軽で取りつきやすいために入門として始めるのにはおすすめの金融商品になります。