不動産投資にリスクはつきもの

でもどんなリスクか前もってわかっていれば対処もしやすい

アベノミクス政策の一つである、大胆な金融緩和であふれた投資資金が、株式、外国為替、商品などの市場に流れ込んでいます。
もちろん不動産の市場も例外ではなく、このような活況はリーマンショック前以来の久しぶりになります。
ゼロ金利政策は継続するので、余裕資金を銀行の定期預金に預けていてもしかたありません。
少子高齢化社会は現実のものとなりつつあるので年金を当てにするわけにもいかず、ここは不動産投資などの投資について本やネットで勉強してみたいと言う人も多いことでしょう。
しかし投資にはリスクがあります。
投資のノウハウ本だけではなく、リスクについて書かれた本も読んでおくことをおすすめします。

不動産投資は大きく分けて二つのやり方があります。

一つは土地や建物を購入して、購入した金額よりも高い金額で誰かに売ってしまうという方法です。
もう一つは土地を取得してアパートやマンションなどを建てて、入居者を募集し、入居者から家賃収入を得るという方法です。

前者をキャピタルゲイン、後者をインカムゲインと言います。
前者のリスクは、不動産は思ったほど簡単に売れないという流動性リスクです。
不動産は高額なので換金は用意ではありません。
売れない土地を抱えていてもその間に固定資産税を払い続けるリスクがあります。
このようなリスクがありますので、堅実な不動産投資を行いたい人はアパート経営を行うインカムゲインを狙う方をおすすめします。

しかしアパート経営にもリスクは伴います。
例を挙げると、入居者が思うように集まらないリスク、入居者は確保できたものの家賃を滞納して予定している家賃収入が入って来ないリスク、入居者同士のトラブルなどに巻き込まれるリスク、火災や震災などで物件が損傷してしまうリスクなどです。
これらのリスクを軽減するために、管理会社と契約して入居者の募集、家賃の徴収、トラブルの仲裁、火災保険や地震保険の契約などを委任してしまうという方法があります。

広い意味での不動産投資としては不動産物件を小口化し、有価証券にした不動産投資信託(REIT)というものがあります。
これは投資家から資金を集めて、専門家が不動産を運用して家賃や転売益を配当として投資家に還元するというものです。
どの専門家に任せるかということを判断するだけで済み、小口資金でも参加することができるので、比較的リスクが少ないです。
不動産投資が全く初めての人が本などを読んで入門的に行うのにおすすめです。